スタバを英語で注文しよう!メニューの名前やオーダー方法を解説

世界中に展開されている人気コーヒーチェーン店といえばスターバックス。皆さんは、そんなスタバのメニューを英語で言うことはできますか?今回は、「日本語では言えるけど、英語では…」というスターバックスの定番ドリンクメニューの英語での言い方や、注文するときの頻出英語フレーズについて解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

フラペチーノなどスタバのメニューを英語で言うと?

まずは、定番メニューの英語名を押さえておきましょう。

  • Caramel Frappuccino(キャラメルフラペチーノ)
  • Green Tea Frappuccino(抹茶フラペチーノ)
  • Caramel Macchiato(キャラメルマキアート)
  • Brewed Coffee(ドリップコーヒー)
  • Latte(ラテ)
  • Mocha(モカ)

日本語と同じようなものが多いので覚えやすいと思いますが、発音はカタカナ発音と大きく異なるものもあるので注意しましょう。

例えば、日本語の「フラペチーノ」はどの音節にもアクセントのついていないフラットな発音です。しかし、英語のFrappuccinoは”cci”にアクセントを置きます。まずは自宅で練習してみてくださいね。

スタバを英語で注文する方法

「英語でスタバのメニューを注文するって難しそうだな」と思っているかもしれませんが、基本のオーダーはとても簡単です。さらに短いフレーズをいくつか覚えるだけで、スタバならではなのカスタマイズの注文もできるようになります。まずは定番フレーズから覚えていきましょう!

スタバの基本オーダーを英語で言うと?

まずは基本の「○○をください」は次のように言います。

  • I’ll have ◯◯, please.
  • Can I get ◯◯ ?

商品を注文する際によく使われる基本フレーズです。例えば、”I’ll have Caramel Frappuccino” (キャラメルフラペチーノをください)のように使います。

また、サイズや個数を伝えるときは、個数→サイズ→商品名の順で並べます。「トールサイズのラテを1杯ください」なら、” One tall Latte, please.”という感じです。

どのフレーズも、◯◯のところにメニューの名前や商品名を入れれば、レストランでの食事やお店でのお買い物などさまざまなシーンで応用することができるので、ぜひ覚えておきましょう。

では、実際にスタバ店舗での注文例をご覧ください。

店員:What can I get for you?(注文は何にしますか)
自分:Hmm… I’ll have Green Tea Frappuccino, please.(抹茶フラペチーノをください)
店員:For here or to go?(店内で飲まれますか?それともお持ち帰りですか?)
自分:For here.(店内でお願いします。)

スタバはメニューがややこしいイメージですが、基本の注文フレーズはとても簡単です。ぜひ海外のスタバに行ったら試してみてくださいね。

スタバのカスタマイズを英語で言うと?

スタバと言えば、「◯◯追加」や「◯◯多め」などのカスタマイズですよね。「英語で言うのは難しそう」と避ける人もいるかと思いますが、実はとても簡単なんです。

  • with ○○(○○追加)
  • with extra ○○(○○多め)
  • with light ○○(○○少なめ)

さらに、このフレーズを使った実際の注文例を見ていきましょう。

"Can I have one tall coffee with extra caramel syrup?"
(トールサイズのコーヒーをキャラメル追加でお願いできますか)

"Can I get a tall Green Tea Frappuccino with extra whipped cream?"
(キャラメル多めのトールサイズのコーヒーをお願いできますか)

よく使われる”with”1つで難しそうなカスタマイズのオーダーもできるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

海外に行ったら英語でスタバをオーダーしてみよう!

今回は、スターバックスの定番メニューからちょっとしたカスタマイズを英語で注文する方法を解説しました。スタバは世界のあらゆる国や空港にあるため、英語での注文方法を覚えておいて損はありません。ぜひこの記事を参考にして、海外のスタバに足を運んでみてくださいね。