「五月雨式」って英語で何て言う?

「五月雨式にメールを送ってしまいすみません。」のように、ビジネスシーンで「五月雨式」という表現を使うけれど、それを英語でも表現できたらと思ったことはありませんか?

「五月雨」とは、「梅雨の雨のように、物事が断続的にだらだらと続くこと」という意味です。先ほどの「五月雨式にメールを送る」とは、一度のメールで終わらず、2通、3通と何度かに分けて送ることを意味します。

残念ながら「五月雨式」を一言で表す英語はなく、「繰り返し」や「何度も」と言った語を使い表現することになります。もちろん五月雨を直訳して”May rain”では伝わりません。

先ほどの「五月雨式にメールを送ってしまいすみません。」の言い方をいくつかご紹介します。

  • I am sorry for sending you emails repeatedly.
    (繰り返しメールを送ってすみません。)
  • I am sorry for sending you many emails.
    (たくさんのメールを送ってすみません。)
  • I am sorry for sending you emails in a row.
    (連続してメールを送ってすみません。)
  • I am sorry for sending you email after email.
    (相次いでメールを送ってすみません。)

「五月雨」というのは、季節を意識した日本らしい表現ですよね。上記の例文以外にも表現方法はありますが、まずは1つ目や2つ目の例文のように直接的な表現から覚えましょう!

「五月雨式」の表現以外にも、メールや手紙を書く際には、自然な言い回しができているかどうかが気になりますよね。ビジネスメールはもちろんのこと、お店などへの問い合わせなど、自然な英文を書くのはスピーキング以上に難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで、「英語でメールを書きたい」「自然なライティングができるようになりたい」なら、ライティング添削のあるオンライン英会話を受講するのがおすすめです。

ベストティーチャーなら、英会話に加えて英文添削も受けられるので、会話だけしていても身に付かない自然なライティングを習得することができます。レッスンには、メール添削もあるのでビジネスメールや問い合わせメールなどを作成したい人にもぴったりです!

ぜひ一度、ライティング+スピーキングのレッスンを受講してみてくださいね。