パーソナルカラーは英語で?イエベやブルべ、春夏秋冬の表現も紹介!

ここ数年女性誌などでよくパーソナルカラーというのを見まけすよね。人はそれぞれ異なった個性を持っているように、似合う色も千差万別。パーソナルカラーとは、その人が生まれ持った肌、髪、瞳の色によって似合う色が異なるという視覚心理学に基づく審美感のことです。日本同様に外国でも使うのでしょうか?本記事では、パーソナルカラーの英語表現について詳しく解説します!

パーソナルカラーは和製英語?

パーソナルカラーを英語で書くと”personal color”となるわけですが、完全に和製英語というわけではありません。しかし英語圏において、日本で言う「パーソナルカラー(診断)」にあたる一般的な表現ではないので、このままでは正確に伝わらない可能性があります。次の項から、パーソナルカラーの英語表現をご紹介しますので、ぜひ覚えてみてくださいね。

パーソナルカラーを英語で言うと?

  • personal color analysis / personal colour analysis
  • color analysis / colour analysis     
  • seasonal color analysis / seasonal colour analysis
    (※一般的にイギリス英語では”color”を”colour”と綴る)

パーソナルカラーを英語で言うと上記の2つの言い方が一般的です。日本語ではパーソナルカラーと言いますが、英語では”analysis”を付けて”personal color analysis”、または”personal”を除いて”color analysis”とします。

“analysis”とは「診断、分析」という意味の名詞で、動詞にすると”analyze”(分析する)となります。

“seasonal color”の”seasonal”とは「季節の、季節的な」という意味なので、似合う色を春夏秋冬の4つのタイプに分類する4分法の時に使われる表現です。

これらの言葉は、日本同様にファッションやコスメ分野で使われています。海外のウェブサイトでも、自分のパーソナルカラーを診断するものや、有名人を例に挙げたパーソナルカラーの説明もあります。

例えば、「ネットで無料のパーソナルカラー診断テストを受けた」と言いたい場合は、”I took a free online color analysis quiz”と表現することが可能です。英語では簡単なテスト、小テストのことを”quiz”と言います。

イエベ・ブルべは英語で何と言う?

最近女性誌でよく見かける、「イエベ」、「ブルベ」とは「イエローベース」、「ブルーベース」の略です。自然界の全ての色はこの2つに分類することができ、同じグループの色は調和するという配色調和を基にした審美感のことです。コスメ業界ではこの2分法がよく使われます。日本ではイエベ(イエローベース)、ブルベ(ブルーベース)を良く目にしますが、外国では”warm”、”cool”、”neutral”の3つに分類することが多いです。

  • イエベ=warm undertone
  • ブルベ=cool undertone
  • イエベ・ブルベの中間=neutral undertone

“undertone”とは、「ひそめた声の調子、小声、低音、潜在的性質(要素)、他の色の下に透けて見える色」というようにいくつかの意味がありますが、ここでは「その人が元々持っている色」という意味で使っています。日本で言うところの、「ベースカラー」です。

例えば、パーソナルカラー診断でよく使われるように「もしゴールドのアクセサリーの方が似合うなら、あなたはイエベです。」と言いたい場合は、” If you look best in gold jewelry, you have warm undertone.”と言うことができます。

パーソナルカラーの春夏秋冬は英語で何と言う?

前項では、コスメ業界でよく使われるイエベとブルベの言い方を見ましたが、パーソナルカラーで使われる言葉に「春夏秋冬」もありますよね。これはファッション業界でよく使われる4分法です。四季の色は誰でも容易にイメージすることができるという観点から使われるようになった分類方法です。英語では”seasonal color analysis”と言います。

cool seasonwinter
cool seasonsummer
warm seasonspring
warm seasonautumn

日本では「春夏秋冬」の順番が普通ですが、海外では“winter”が一番先に来る場合があります。また「秋」は”fall”ということもできますが、パーソナルカラー診断の場合は”autumn”が使われることが一般的です。

例えば、「私のパーソナルカラーは春です。」と言う場合、”I am a spring.”や”My color season is spring”となります。

まとめ

今回は女性誌で良く見かけるパーソナルカラーの英語表現について解説しました。日本と外国では言い方が少し異なりますが、使い方はほぼ同じです。女性はいくつになっても綺麗に見られたいという気持ちは万国共通なんですね!あなたのパーソナルカラーは何色ですか?英語で表現してみましょう!

自然な英会話力を身に付けるには、とにかく英語でたくさん会話をすることが不可欠です。

QQ Englishでは、月会費2680円(税込)〜の業界最安水準のレッスン料で継続的に英会話レッスンを受講することができ、まるで留学をしているかのように日常的に英語を話すことができます。講師は正社員の「プロ教師」なので、着実かつスピーディーに英語力をアップさせたい方にもおすすめです。

ぜひ一度、レッスンを受講してみてくださいね!