整理券を英語で言うと?バスや病院、役所などの説明に使える表現を紹介!

役所や病院、銀行などの入り口で、サービスを受けるために整理券を取ることがありますよね。これは日本だけではなく諸外国にもよくあるシステムです。また日本では、バスも一律料金でない場合やICカード決済でない場合は、乗るときに整理券を取りますが、初めての外国人の方にはわかりづらいかもしれません。そんなときに「整理券」と英語で伝えられたら良いですよねね!

「整理券」は英語で一般的に”numbered ticket”と言います。直訳すると「番号がふられた券」という意味です。

整理券が出てくる機械は、”ticket machine”と言ったり、”ticket dispenser”と言ったりします。もしその機械が電子的なものであれば、”ticket system”と言うこともできます。

  • Please take a numbered ticket from the ticket machine near the door when getting on.
    (乗車の際は、入り口付近にある発券機から整理券をお取り下さい。)

ちなみに、イギリス英語圏では整理券のことを”queue ticket”や”queue number ticket”と言うこともあります。”queue”はカタカナで書くと「キュー」と発音するのですが、主にイギリス英語で「列、列を作って待っている人」のことをいい、アメリカ英語にすると”line”です。

「整理券」は「番号がふられた券」ということで、一般的には”numbered ticket”と言えば伝わります。簡単な単語なのでぜひ覚えておきましょう!