師匠と弟子は英語で何と言う?

お笑いの「師匠と弟子」、お料理の「師匠と弟子」など、世の中にはさまざまな「師匠と弟子」の関係がありますよね。では、その「師匠と弟子」を英語で表現することができますか?本記事では、「師匠」と「弟子」のそれぞれの表現方法、「師弟関係」の英語表現を解説していきます。

 

「師匠」は英語で何と言う?

まずは、「師匠」にあたる英語表現を紹介していきます。

  • master/mistress
  • teacher
  • instructor

“master/mistress”は、最もよく使われる「師匠」の表現です。”master”が男性の師匠を指し、”mistress”が女性の師匠を指します。

その他、「師匠」とは学問や芸事、技術などさまざまなことを教える人のことなので、状況次第では”teacher(先生)”や”instructor(指導員)といった言葉も使えるでしょう。

では、”teacher”と”instructor”に違いはあるのでしょうか?この2つの語の違いは感覚的なものですが、慣習的に使い分けをされています。一例を挙げてみましょう。

  • teacher…piano teacher, Japanese teacher, science teacher
  • instructor…swimming instructor, ski instructor, dance instructor

“teacher”は主に学校の先生や教師のことを指します。また、楽器や語学、学問など、教室内で学ぶような物事の先生というニュアンスです。それに対し、”instructor”は、水泳やスキー、ダンスのように、教室外で行うアクティビティなどの指導者のことを言います。また、”instructor”は日本語の「講師」というイメージがあり、大学ではなく専門学校の講師なども”instructor”と言うことが多いです。

 

「弟子」は英語で何と言う?

次に、「弟子」の英語表現を紹介していきます。

  • apprentice
  • pupil
  • student

”apprentice”は、日本の職人世界の「弟子」として使う表現にもっとも近い英単語です。「師匠」に弟子入りをして常に学んでいるというイメージです。”pupil”も同様で、「弟子」「門下生」「生徒」という表現で使われます。

また、「生徒」という意味で使われている”student”でも、「弟子」の「何かを習っている(学んでいる)人」というニュアンスが表現できます。

ちなみに、”student”と”pupil”はどちらも学校の「生徒」という意味もありますが、違いをご存知でしょうか?

  • student…小学校、中学校、高校などの学校で学んでいる学生
  • pupil…小学校の生徒

studentは年齢を問わず、学校で学んでいる学生のことを言います。それに対し、”pupil”は子供限定で、「(小学校の)生徒」というニュアンスです。

 

「師弟」は英語で何と言う?

では、最後に「師弟」の表現について解説していきます。

  • master and pupil
  • master and apprentice
  • teacher and student

今までに出てきた「師匠」と「弟子」の単語を組み合わせて表現します。

例えば、”master and apprentice”は、「スター・ウォーズ」でも使われているのを知っていますか?”master Yoda”や、”Sith apprentice”というように使われています。

また、「師弟関係」と言いたいときには次のように表現することができます。

  • relation between master and pupil
  • master-pupil relationship

「関係」という意味を持つ”relation”や”relationship”を使います。ここでは”master and pupil”を使っていますが、”master and apprentice”でも”teacher and student”でも同じ使い方ができます。

 

師匠と弟子の英語を覚えて使ってみよう!

いかがでしたか。この記事では、「師匠」と「弟子」の英語表現について解説しました。中には、使い分けが感覚的なものもありますが、ぜひ少しずつ覚えて使ってみてくださいね!