時短を英語で言うと?時短勤務や時短営業、時短レシピなどの言い方を紹介!

「時短」とは「時間短縮」の略ですが、最近は「時短レシピ」や「時短勤務」、「時短営業」という言葉を使う事が多いですよね。

まず、「短縮する」という動詞は英語で”shorten”です。”short”(短い、低い)という形容詞は皆さん聞いたことがあると思いますが、それを動詞にすると”shorten”となります。また”reduce”(数量、程度、値などを減らす、縮小する)という語もよく使われます。

例えば、「時短営業」であれば「営業時間を短縮する、短くする」ということなので、”shorten our business hours””reduce our business hours”と言うことが可能です。

  • We are going to shorten (reduce) our business hours starting from next week.
    (来週から時短営業を行います。)
  • We are operating under reduced business hours.
    (時短営業中です。)

「時短勤務」は”shorter working hours””reduced working hours”と言うことができます。

  • Currently, I have shorter working hours.
    (最近は時短勤務です。)

また、仕事以外では「時短レシピ」で時短という言葉をよく使いますよね。時短レシピは「時間を節約する」というイメージなので、こちらは「節約する」という動詞の”save”を使い、”time-saving recipes”などと表現します。また、「素早く簡単な」ということで”quick and easy recipes”と表現しても時短レシピのイメージは伝わるでしょう。

  • Do you have any time-saving dinner recipes?
    (夕食の時短レシピある?)

「時短」は英語で、”shorten”や”reduce”、”save”といった動詞を使って表現できます。それぞれの状況に合わせて使い分けましょう!