ヘッドハンティングは和製英語?recruitingとの違いも解説

ビジネスの世界では「ヘッドハンティング」が行われることがありますよね。日本ではあまり公にならないかもしれませんが、欧米の企業ではヘッドハンティングは珍しいことではなりません。カタカナでもよく聞く言葉なので、「ヘッドハンティングは和製英語なの?」と疑問を抱いたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか?

結論から言うと、ヘッドハンティングは和製英語ではありません。英語でもそのまま”headhunting”です。また、ヘッドハンティングと同じ意味で”executive search”とも言うこともできます。

一般的に、”headhunting”は、会社の経営を担う役員や幹部、上級管理職クラス、または優秀なプログラマーやアナリストなどの専門的な優れたスキルを持った人材の引き抜きに用います。人材会社と協力して行い、ヘッドハンティングをする人は”headhunter”です。

  • He was headhunted by a rival company.
    (彼は競合他社からヘッドハンティングされた。)

その他の人材スカウトや募集は一般的に”recruiting”といいます。動詞にすると”recruit”で、日本語でも「リクルート」とカタカナで使いますよね。基本的には、自社の人事部などがこの仕事を担っており、仕事を探している人や転職を考えている人の中から、会社のニーズに合う人を募ります。

  • The company is recruiting new salespeople.
    (その会社は新しい販売員を募集している。)

まとめると「ヘッドハンティング」は和製英語ではなく、”headhunting”または”executive search”と言います。ヘッドハンティングは経営陣や優秀な人材のスカウトに用いる語で、その他の人材募集は”recruiting”です。