四字熟語を英語で言える?四面楚歌や風林火山などの表現を一覧でご紹介!

四字熟語が書かれたTシャツを着た外国の方を見たことがありませんか?アルファベットを使う欧米諸国の方々にとって漢字はかっこいいもののようですね。今回は、漢字の中でも特に人気の高い四字熟語の英語表現をご紹介します。外国の方に聞かれたら是非説明してあげて下さい!

 

四字熟語は英語で何と言う?

四字熟語を英語で表現する方法はいくつかあります。1つは、”four-character idioms” もう1つは、”four-character compounds”という言い方です。”character” とは、「特徴、性格、登場人物」という意味以外に、「文字」という意味も持っています。文字通り、”four-character”は「四文字」ということです。

また、世界中の多くの方が”kanji”(漢字)という日本語を認識しているので、その”character”の部分を”kanji”と言い換えて、”four-kanji idioms (compounds)”としても差し支えないでしょう。idiomとcompoundはどちらも似た意味で、前者は「慣用句、熟語」、後者は「複合語」という意味です。

 

四字熟語の英語表現一覧

四面楚歌be surrounded by enemies on all sides
森羅万象all things in the universe / everything in the universe
風林火山as fast as the wind, as quiet as the fire, as daring as fire, and as immovable as the mountain

 

四面楚歌

四面楚歌とは、「四方を敵に囲まれ、助けがなく孤立すること」です。英語では”be surrounded by enemies on all sides”と表現できます。surroundは「囲む、取り巻く、包囲する」という他動詞になります。”enemies”は”enemy”の複数形で、「敵」という名詞です。Be動詞+過去分詞形+by〜で、「〜に…される」という受身形の文の際に使われます。これらを合わせると「全方位を敵に囲まれる」という意味になり、それを四字熟語で表すと四面楚歌という表現になります。他にも別の単語を使って表することはできますが、この言い方がいちばん直接的でわかりやすいでしょう。

例文を見てみましょう。

  • They were surrounded by enemies on all sides.
    (彼らは四面楚歌に陥った。)
  • He felt as if he had been surrounded by enemies on all sides.
    (彼は四面楚歌の中にある思いがした。)

 

森羅万象

森羅万象とは、「宇宙間に存在するすべての事物や現象」という意味です。英語で直接的に表すと、”all things in the universe”または“everything in the universe”となります。四面楚歌同様に他にも言い方はありますが、今回は特にわかりやすいものをご紹介しました。

例文を見てみましょう。

  • In Japan, it has been believed that spirit and life exist in all things in the universe.
    (日本では、森羅万象に魂や命が宿ると信じられている。)
spirit精神、心、霊魂
exist(人・物が)存在する、実在する
  • My grandfather talks as if he knew everything in the universe.
    (祖父はまるで森羅万象を知っているかのように話す。)
as if~まるで~みたいに

 

風林火山

風林火山とは武田信玄が軍旗に用いた句で、戦における四つの心構えを表しています。「風のように素早く動き、森のように静かに構え、火の如く激しく攻め奪い、山のようにどっしり構えて動かない。」という意味です。これを英語で表すと少々長くなりますが、”as fast as the wind, as quiet as the forest, as daring as fire, and as immovable as the mountain”と言うことができます。文字だけを直訳すれば、”wind, forest, fire, and mountain”となりますが、これでは風林火山の持つ意味やニュアンスを伝えられません。

daring大胆な、勇気のある
immovable動かない、不動の
as~as… …と同じくらい〜

例文を見てみましょう。

  • Shingen Takeda’s battle flag, “wind, forest, fire, mountain “ means that “as fast as the wind, as quiet as the forest, as daring as fire, and as immovable as the mountain”
    (武田信玄の軍旗の風林火山は、「風のように素早く動き、森のように静かに構え、火の如く   激しく攻め奪い、山のようにどっしり構えて動かない。」という意味です。)

 

日本の四字熟語を英語で表現してみよう!

今回は、四字熟語の英語表現と、四面楚歌、森羅万象、風林火山をご紹介しました。日本語のようにそれぞれを短い言葉で表すことは難しいですが、聞かれた時に意味を教えてあげられるといいですね。今回ご紹介したもの以外にもまだまだ四字熟語はたくさんあります。皆さんもお気に入りの四字熟語があれば、一緒に英語表現を考えてみましょう!