高速バスや路線バスを英語で言うと?バスの種類を区別しよう!

一口にバスと言っても高速バスや路線バス、観光バス、スクールバスのようにいくつもの種類がありますよね。今回は、種類ごとのバスの英語表現について解説します!

まず「高速バス」ですが、「高速道路」自体の言い方がいくつかあるので「高速バス」も言い方にバリエーションがあります。

一般的に、高速道路や幹線道路は英語で”highway”や”expressway”と言い、「高速バス」ではこれらの言葉を使って”highway bus””express bus”と言います。また、長距離を走ることから”long-distance bus”、都市と都市を結ぶことから”intercity bus”という言葉も使われます。イギリス英語では、長距離バスを”coach”と呼び、高速バスでもそのまま”coach”と言ったり、”highway coach””express coach”と言ったりします。

続いて、「路線バス」とは定められたルートを定められた時刻表に従って走るバスです。普段の会話ではただ単に”bus”と言うことも多いですが、他のバスと区別する場合は”regular route bus”と言ったり、”fixed-route bus”と言います。または「人を輸送するバス」ということで、”transit bus”と言ったり、街を走るバスであるということから”city bus”と言ったりすることもあります。

その他、「観光バス」は”sightseeing bus”、「スクールバス」は”school bus”、イギリスでよく見る「二階建バス」は”double-decker bus”です。また、空港とホテルや周辺都市を結ぶ「空港バス」は”bus”を付けずに”airport limousine”と言います。

旅行に行かれる際はバスに乗る機会もあると思いますので、ぜひ参考にしてくださいね!