駄作、失敗作、ボツって英語でどう表現するの?

映画や小説、芸術作品を第三者が批判したりするときに、あなたはどう言いますか?「あの作品は駄作だ」や「失敗作だ」などと言ったりしますよね。これらの表現は日常的にもよく使用するでしょう。また、進められていた計画などが、途中で頓挫することは何と言いますか?話し言葉では「ボツになった」などと言いますよね。

今回は、その駄作、失敗作、ボツについての英語表現を解説します!口語的な表現になりますので、外国人の方との気軽な会話で使う際に参考にしてみてください。

 

駄作を英語で言うと?

まずは「駄作」の意味を確認しましょう。駄作とは「出来の悪い作品、くだらない作品」という意味です。対義語は「秀作」となります。似ている言葉に「愚作」がありますが、愚作とは「①つまらない作品 ②自分の作品をへりくだっていう語」のことを言います。

英語では、駄作を口語的なくだけた表現で”trash”と言います。”trash”とは直訳すると「くず、ゴミ、がらくた」という意味で、そこから派生して「くだらない物、駄作」と言う時にも使うことができます。不可算名詞となります。

例文で見てみましょう。

  • His novel was criticized by another novelist as being trash.
    (彼の小説は、他の小説家から駄作だと批判された。)
    〔novel : 小説 / criticize : 批判する〕
  • This movie is nothing but trash.
    (この映画は駄作にすぎない。)
    〔nothing but~ : ~にすぎない、~だけ〕 

 

失敗作を英語で言うと?

それでは駄作と似ている「失敗作」は、英語でどう言えばいいのでしょうか?失敗作は文字通り失敗した作品のことなので、”a failure”と言うことができます。”fail”は「失敗する」という動詞で、その名詞形が”failure”です。また、この単語は可算名詞となります。また、先ほどの”trash”同様に、口語的なくだけた表現で「失敗作」を表現すると、”a flop”と言うこともできます。”flop”とは、「(人が)ドスンと倒れる、倒れ込む」という意味ですが、それが転じて「(計画・映画・本などが)失敗する」という動詞になったり、「失敗作」という名詞として使われるのです。

それぞれの例文を見てみましょう。

  • The movie turned out to be a failure.
    (この映画は失敗に終わった。)
    〔turn out (to be) C : …であることがわかる〕
  • The movie flopped.
    (この映画は失敗した。)
  • The movie was a flop.
    (この映画は失敗作だ。)

“flop”を使った下の2つの文は、どちらも同じような意味合いです。”The movie flopped.”は”flop”を動詞として、”The movie was a flop.”では”flop”を名詞として使っています。

 

ボツを英語で言うと?

前項で、駄作・失敗作とご紹介したので、ボツも「没作品」のように名詞1語で言うことができればよいのですが、それを表すぴったりな英語表現は残念ながらありません。日本語でもよく使われるように「~をボツにする」や「~がボツになった」のように、動詞として表現することなります。

「ボツになる」とは「進めていた計画・企画・作品などを却下する、不採用にする」というような意味です。それを英語にすると”reject”や”turn down” 、”throw out”となります。

それぞれの単語の意味と例文を見ていきましょう。

単語意味
reject(提案・申し出など)を拒絶する、断る、却下する※turn downより強調的で堅い語
turn down(応募者・申し出など)を断る、はねつける
throw out(議案・申し出など)を否定、拒否、却下する

例文

  • My plan was rejected.
    (私の計画は却下された。)
  • My plan was turned down.
    (私の計画ははねつけられた。)
  • My plan was thrown out.
    (私の計画は却下された。)

使用している単語は異なりますが、どれも「私の計画はボツになった」というニュアンスです。主語が”My plan”なので、英文は受け身形(Be動詞+過去分詞形)になり、「~される(た)」という表現をします。

 

駄作、失敗作、ボツの英語を使い分けよう!

いかがでしたでしょうか?”trash”(駄作)、”flop”(失敗作)はくだけた口語表現のため、公の場所や正式な文書ではお控え下さいね。あくまでも日常的なカジュアルな会話での英語表現となります。”reject / turn down / throw out”(ボツになる)は、特にくだけた表現ではありません。 ぜひ本記事を参考に、外国の方と映画や本、芸術作品などについて楽しくおしゃべりしてみて下さい。