顔見知り・知り合いを英語で言える?人間関係の英語表現を使い分けよう!

「友達」と呼べる程ではない「顔見知り」や「知り合い」を英語でどう言えばいいのでしょうか?友達は”friend”だということは皆さんご存じかと思いますが、それ以外の単語を知っていますか?今回は、そんな「顔見知り」や「知り合い」という人間関係を表す英語表現をご紹介します。この機会に”friend”以外の単語も覚えましょう!

顔見知りを英語で言うと?

「顔見知り」とは親しくはないが互いに顔を知っている人のことを言います。連絡先や職業、家族構成等のプライベートなことまでは知らない場合が多いです。名前さえしらないこともあるでしょう。友達と呼べる程ではないこれらの人を英語で言うと、”acquauintance”や”someone I recognize”です。

acquaintance

“acquaintance”は”friend”ほど親しくない顔見知り、知り合い、知人等を意味する一般的な語です。スペルを間違いやすいので注意しましょう。

例えば、”He is an acquaintance of mine.”と言えば「彼は私の顔見知りです。」という表現になります。ちなみに、”acquaintance”の反対は”stranger”(見知らぬ人)です。

someone I recognize

顔見知りは“someone I recognize”と言うこともできます。”recognize”とは「覚えがある、誰であるかわかる」という意味なので、”someone I recognize”を日本語にすると「覚えがある人」ということになります。

その他にも、”someone I know”(知っている人)や、”someone I have met before”(会ったことがある人)と言っても良いでしょう。

知り合いを英語で言うと?

「知り合い」とは互いに相手を知っている状態で面識がある人のことを言います。顔見知りよりも知っている度合いが高いと言えますが、友人ほど親しい間柄ではありません。「彼女と知り合いですか?」と聞く場合は、単純に”Do you know her?”でOKですが、今回は名詞としての「知り合い」の言い方をいくつかご紹介します。

acquaintance

前項の顔見知りと同じになりますが、“acquaintance”は「知り合い」という意味でも使う事ができます。少し堅い表現なので、日常会話で使うとやや冷たい印象です。

例えば、女性の知り合いであれば、”a female acquaintance”、男性の知り合いであれば”a male acquaintance”と言うことができます。

共通の知り合いは、あまり馴染みのない単語かもしれませんが”a mutual acquaintance”と言います。”mutual”は「共通の、相互の」という意味で、”acquaintance”や”friend”と結合する時は、”common”(共通の、共有の)よりもこちらの語が一般的です。

friend

英語の”friend”は私たち日本人が考えるよりも友達の対象が広く、ただの知り合いやそれほど親しくない人でも”friend”と言うことが多いです。”acquaintance”の項でも触れましたが、”acquaintance”は日常会話ではやや冷たく感じるので、「知り合い、知人、友達」と表現するときに”friend”が広く使用されます。

“friend”に”good”, “close”, “best”などの形容詞を付けると、「親しい友達」や「親友」となります。

1つ気をつけたいのは、”He is my friend.”と言うと「すでに話題にのぼった特定の友達」を指すことになるので、「彼は私の友達です。」と紹介する時は、”He is a friend of mine.”や”He is one of my friends.”と言いましょう。

neighbor

知り合いの中でも近所の人は”neighbor”といい、特にお隣さんは”next-door neighbor”と言います。ジブリ映画の『となりのトトロ』も英語にすると”My Neighbor Totoro”です。

a guy/girl I know from ~

「高校からの知り合い」や「仕事の知り合い」と言いたい場合は、”a guy/girl I know from high school””a man/woman I know from work”などと言うことができます。また「同僚」”a colleague”という言葉もあるので覚えておくとよいでしょう。

一例として、「仕事の知り合いを駅で見かけた。」と言う場合は、”I saw a woman I know from work.”ということができます。

顔見知り・人見知りの英語を使い分けよう!

本文で触れたように、”friend”の範囲は個人差がありますが、外国の方が考える”friend”は、私たち日本人が思うよりも広範囲な傾向があります。なので、知り合い全般に”friend”を使ってもおかしくありませんが、この機会に”acquaintance”も覚えておきましょう!