見積もりを英語で言うと?ビジネスでのメールの書き方や例文も紹介!

何か大きい物を購入するときや契約を交わす前には、「見積もり」をもらいますよね。場合によっては複数の見積もりを取り寄せて、どれを買うか検討したりすることもあるでしょう。もし外国の人や、海外の会社から英語で見積もりをもらいたい場合は何と言ったらいいのでしょうか。今回はそんなシーンでも慌てないように、見積書や見積もりの依頼メールの書き方等をご紹介します。

 

見積もりは英語で何て言う?

  • estimate 変動の可能性がある概算見積もり
  • quotation 確定見積もり、または正式見積もり

見積もりは上記の2つです。どちらも同じ「見積もり」ですが、若干意味合いが異なります。

“estimate”は「費用などを見積もる、推定する」という動詞でもあり、「見積もり、概算」という名詞でもあります。動詞と名詞では少し発音に違いがあり、カタカナで表記すると、動詞の方が「エスティメイト」で、名詞は「エスティメット」という感じです。

“quotation”は名詞で「見積もり」という意味に加えて、「相場」や「引用」という意味もあります。動詞の形は”quote”です。実際に使用するときは次のように使います。

Get two or three quotations from different companies before you decide which one to buy.
(どちらを買うか決める前に、2~3の異なった会社から見積もりをもらいなさい。)

 

見積書の英語表現

「見積書」も上記の”estimate”または”quotation”でOKです。

  • I have attached the quotation.
    (見積書を添付しました。)
  • I got two or three estimates before purchasing a car.
    (私は車を購入する前に、2~3の見積書を手に入れた。)

 

「見積もりをお願いします」と英語で言うには?

見積もりをもらいたい時に使える例文をいくつかご紹介します。

  • Can you give me an estimate?
    (見積書をもらえませんか。)
  • Could you send me an estimate?
    (見積書を送っていただけませんか。)
  • I would like to have your quotation.
    (見積書を頂きたいのですが。)

後述しますが、英語では”Can you~?”よりも”Could you ~?”と聞く方が丁寧です。次の項で、実際にメールで見積もりを依頼する方法をお伝えしますので、ビジネスシーンではより丁寧な表現を心がけてみましょう。

 

ビジネスで見積もりを依頼するメールの書き方

この項では、ビジネスシーンで使える見積もりを依頼する際のメールの書き方をご紹介します。

件名

メールの件名は、先方が一目でわかるよう、簡潔に“Request for Quotation”「見積もり依頼」と書きましょう。略して”RFQ”と表記する場合もあります。”Request for~”は他の依頼にも応用できますので、覚えておくと便利です。

本文

見積りを依頼する場合の例文をいくつかご紹介します。テンプレートとして覚えてしまいましょう!

  1. Please send me an estimate.
    (見積もりを送って下さい。)
  2. Could you please give me an estimate?
    (見積書をいただけませんか。)
  3. I would like to have your quotation for the following items.
    (下記の商品の見積書をいただきたいです。)
  4. I would be grateful if you could give me an estimate for the items listed below.
    (下記のリストの見積書を頂けると幸いです。)

下の例文に行くにつれ丁寧な表現になります。ビジネスシーンであれば、1ではなくより丁寧な2~4を使いましょう。英語は”could”や”would”といった過去形にすることで、遠回しで間接的な丁寧な言い回しになります。

また、”grateful”のスペルに注意しましょう。同じ発音ですが「偉大な、すばらしい」という意味の”great”と混同してしまわないように気を付けてください。

 

見積もりの英語を覚えてビジネスシーンに役立てよう!

ビジネスシーンでよく使う「見積もり」ですが、英語で何と言うのかぱっと出てこない方も多いのではないでしょうか。しかし、ビジネスにおいては長文ではなく簡潔な方が好まれるため、定型文やテンプレートを一度覚えてしまえば初心者の方でも簡単に見積書を依頼することができますよ!見積もりを取る必要があるときは、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。